<研究報告書>
反復関数の共役性および準共役性によるSakaki-Kakei方程式の解の構成

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 Sakaki-Kakei 方程式は超幾何関数で表される保存量をもつ12 種類の2 次元非可逆離散力学系である.本論文では,Sakaki-Kakei 方程式の解の構成法を解説する.保存量を求め,方程式を1次元化し,その反復関数がもつ共役性または準共役性を利用し一般解または特殊解を構成する.

本文情報を非表示

Article_No_18 pdf 131 KB 178  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
注記
タイプ
登録日 2012.07.27
更新日 2015.12.07