<研究報告書>
離散戸田方程式を用いた要素および固有値が指定された逆固有値問題の解法

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 逆固有値問題の1つとして,指定した要素と固有値をもつ行列を構成する問題が知られている.本稿では,特に3 重対角行列に対して,全固有値と,左上から順に一部の要素を指定する逆固有値問題の解法を離散戸田方程式を用いて提案する.指定する固有値が重複固有値の場合についても示す.

本文情報を非表示

Article_15 pdf 135 KB 3  

詳細

レコードID
注記
登録日 2018.10.05
更新日 2018.10.05