<研究報告書>
KP方程式の代数幾何解の退化について

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
会議情報
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 KP方程式のテータ関数解の極限の計算は興味深い問題と考えられる。この講演では、(3,s)曲線と呼ばれる曲線を例にとり、佐藤グラスマンを用いると、テータ関数解の種数0の解(ソリトン解、有理解)への退化だけでなく種数正の解への退化も比較的簡単に計算できることを示す。

本文ファイル

pdf Article_04 pdf 241 KB 383  

詳細

レコードID
注記
登録日 2020.04.30
更新日 2021.03.23

この資料を見た人はこんな資料も見ています