<紀要論文>
最近の所得分布関数の推定

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
関連情報
概要 本論文では所得分布関数の推計に関する最近の動向を実際の推計の視点から見ていくこととしたい.続く節では一般化ベータ分布(2類)を基に最尤推定法について述べ,第3節では所得分布関数の推定へのGMM法の適用方法とMaxEntについて見ていく.また,第4節ではこれまで日本の所得分布研究において広く利用されてきている公表データとこれを用いた最尤推定の実際について見ていくこととしよう.

本文ファイル

p061 pdf 1.27 MB 2,435  

詳細

レコードID
査読有無
主題
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2013.04.19
更新日 2022.02.10

この資料を見た人はこんな資料も見ています