<紀要論文>
九州大学水産学標本室および農学部3号館より発見された江崎悌三博士による南洋諸島の魚類コレクション

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 南洋諸島で採集されたガラス標本瓶62点119個体の魚類標本が、九州大学箱崎キャンパスの水産学標本室と農学部3号館から発見された。このコレクションは、Natural History Museum of Stanford の動物部門のキュレーターであるAlbert William Christian Theodore Herre 博士の求めに応じて江崎悌三博士によって1937年から1938年にかけて収...集されたもので、そのほとんどがHerre(1939)によって報告された標本の一部であった。一連のコレクションからは32種57種が確認され、13種が再同定された。
119 fish specimens within 62 bottles collected in Nanyo Islands (Palau and Caroline islands) were found from the Specimen Building of Fisheries and 3rd building of Faculty of Agriculture, Hakozaki Campus, Kyushu University. The collections were collected by Dr. Teiso Esaki from 1937 to 1938, according to request by Dr. Albert William Christian Theodore Herre which is a curator of animal in the Natural History Museum of Stanford. Most of these were a part of specimens reported by Herre (1939). 57 species of 32 families were confirmed from the series of collections found from Kyushu University, 13 species were reidentified.
続きを見る
目次 はじめに
標本収集の経緯
九州大学における標本の所蔵
追記 : 生物学研究所からの標本発見

本文ファイル

p001 pdf 2.53 MB 71  

詳細

レコードID
主題
ISSN
NCID
登録日 2020.03.13
更新日 2021.03.18

この資料を見た人はこんな資料も見ています