<会議発表論文>
出会い頭事故防止に向けた交差点環境の分析

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
会議情報
出版タイプ
アクセス権
関連URI
概要 本研究では,出会い頭事故の防止を目指し,2015 年~2017 年に福岡市博多区で発生した 1,447 件の出会い 頭事故について,事故の発生した交差点を中心に 1,297 交差点の交差点環境(交差点形状,信号機種別)を調 査し,事故への影響を分析した。十字路交差点では丁字路交差点と比較して約 2 倍の事故が発生している。 その原因は十字路では直進同士の出会い頭事故が多く発生するからである。また,...主道路の車線数よりも従 道路の車線数の方が事故発生数に影響を与えており,従道路が 2 車線以下の交差点で事故が多く発生してい ることが分かった。
This paper shows the analytical results of the relation between crossing environments and traffic accidents for preventing collision accidents. There was 1,447 accidents inHakata ward, Fukuoka city from 2015 to 2017. We investigated the information of 1,297intersections such as a crossroad and traffic lights. The number of accidents in crossroad is as twice as that of T junctions. This is why crossing collisions occur between parties going straight on frequently. In addition, many accidents occurred in crossroads which there are less than three lanes in subsidiary roads.
続きを見る

詳細

レコードID
権利関係
主題
登録日 2019.05.13
更新日 2020.02.10

この資料を見た人はこんな資料も見ています