<研究報告書>
製造プロセスにおける数理的研究の現状と数学と物質・材料の連携、更なる数学連携の展開について

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 製鉄プロセスは大型装置で高温物質を扱うとともに相変化を伴う現象が多数存在し、大規模・複雑系の典型事例です。さらに、鉄鋼材料ではナノスケールの結晶格子、メソスケールの多結晶組織、マクロスケールの製品をマルチスケールの視点で制御することが求められています。製鉄プロセスと鉄鋼材料には、数理モデリング、逆問題、最適化、制御、ビッグデータ解析等、多くの数学・数理科学の問題を包含しています。本講演では、製鉄プ...ロセスにおける数学の適用事例を使って、数学連携に関する講演者の考え方を紹介した後、いろいろな専門分野の数学者との学術連携を通じて 物質・材料科学系分野の未解決問題である「結晶群から対称性の数値指標を取り出す」、「材料のマクロな特性を決定する重要因子である結晶格子の乱れを記述する」、「ミクロ(離散)とマクロ(連続)を合理的・明示的に繋ぐための階層構造の仕組みを記述する」ための取り組みを紹介します。続きを見る

本文ファイル

pdf Article_03 pdf 1.53 MB 387  

詳細

レコードID
注記
登録日 2018.10.02
更新日 2021.03.23

この資料を見た人はこんな資料も見ています