<学術雑誌論文>
2003,2004年度の福岡県年次検診による皮膚症状

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
関連DOI
関連URI
関連HDL
概要 We evaluated the severity grades and the skin severity scores of the skin symptoms who visited the annual examinations of Fukuoka prefecture in 2003 and 2004. The severity of skin symptoms improved si...gnificantly in the first 20 years ; nowadays, however, further improvement can hardly be observed. More than 36 years have passed since the Yusho incident, and about 60 % of the patients currently present no skin symptoms. In contrast, in about 40 of the patients, characteristic skin symptoms of Yusho, such as pigmentation of skin, black comedones and acneform eruptions, could still be observed. Using Peason's correlation coefficient test and Spearman's correlation coefficient test, we analyzed correlation between "PCB pattern" and the blood PCB concentration, the skin severity grade and the skin severity scores. However, we could not find out any obvious correlation.
最近の皮膚科検診での傾向は,二極化しつつある.約60~70%の患者では油症に特徴的な皮疹が全くないか,あってもきわめて軽微なものである.その一方で約30~40%の患者ではいまだに特徴的な皮疹が残存している.油症が発生してから最初の約20年では,皮膚症状は急速に改善する傾向があった.しかしながら,それ以降は,改善する傾向は鈍化しており,大きな動きは見られない.この傾向は持続するのか,それともさらに症状の改善がすすみ,特徴的な皮疹が全くないか,あっても軽微なものである患者が増加するのか観察を継続する必要がある.
続きを見る

本文ファイル

pdf fam96_5_p216 pdf 11.6 MB 253  

詳細

PISSN
NCID
レコードID
査読有無
関連PubMed ID
主題
注記
タイプ
登録日 2012.06.04
更新日 2021.07.28

この資料を見た人はこんな資料も見ています