<紀要論文>
MURAKAMI HARUKI RELOADED II : 形式化の試み-村上春樹における換喩の位置

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 村上春樹の作品、『風の歌を聴け』を修辞学の側面から論じる。換喩は村上の作品において重要な役割を果たしているが、これまでに論じられたことがない。この論文においては以下のことが目指される。主としてヤーコブソンの失語症の論文に定位し、隠喩と対比させながら、換喩とはいかなるものであるかを明らかにし、次に村上の作品、『風の歌を聴け』に焦点を当て、そこで換喩がどのように使われ、どのような効果を上げているかを示...し、最後に換喩を重視する村上の技法の背景にはどのような世界観があるかを考察する。続きを見る
目次 始めに
I. 『風の歌を聴け』
II. ヤーコブソンの失語症論
III. 村上春樹
IV. 村上春樹の世界観

本文ファイル

pdf p107 pdf 1.53 MB 1,822  

詳細

PISSN
NCID
レコードID
査読有無
地域
主題
タイプ
時代・年代
登録日 2012.08.16
更新日 2023.11.01

この資料を見た人はこんな資料も見ています