<研究報告書>
離散可積分系によるNewell-Whitham モデルの時間差分化とその解

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 金井らによる先行研究で, ある交通流モデルの方程式と, 可積分方程式である modified Korteweg-de Vries 方程式の対比により, 時間離散 mKdV 方程式を利用した交通流モデルの時間差分化が提出済である. 本研究では, 遅延微分方程式 Newell-Whitham (NW) モデルと可積分である Lotka-Volterra 方程式(Kac-van Moerbeke 系)との...対比に注目し, NW モデルの時間差分化を提案する. また, 得られた離散時間モデルの厳密解についても議論する.続きを見る

本文ファイル

pdf Article_10 pdf 1.03 MB 328  

詳細

レコードID
査読有無
注記
登録日 2017.09.12
更新日 2021.03.23

この資料を見た人はこんな資料も見ています