<会議発表論文>
Developing an Architecture for a Single-Flux Quantum Based Reconfigurable Accelerator

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 As a solution to gain high performance computation, a large-scale reconfigurable data-path (LSRDP) processor is introduced in this paper. LSRDP is implemented by virtue of single-flux quantum circuits... and integrated to a general purpose processor to accelerate the execution of data flow graphs (DFGs) extracted from scientific applications. Design procedure of the LSRDP and particularly the process of mapping DFGs onto the LSRDP are discussed and our techniques for optimizing the area of accelerator will be presented as well.
ハイパフォーマンスコンピューティングの一つの解決法として大規模再構成可能データパス(LSRDP)プロセッサーを導入した。このLSRDPは単一磁束量子回路を用い実装され、汎用プロセッサと協調動作する.その際に科学技術計算から抽出されたデータフローグラフ (DFG) の直接の加速実行を行う.本論文ではLSRDPアーキテクチャのデザイン手法,ならびにLSRDPへのDFGのマッピングの際に面積を削減する手法について議論する.
続きを見る

本文情報を非表示

farhad09_5 pdf 392 KB 59  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
登録日 2010.02.17
更新日 2020.12.09

この資料を見た人はこんな資料も見ています