<テクニカルレポート>
認証連携による無線LANローミング環境 : 九州大学におけるUPKI・eduroamの連携

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 情報サービスの普及と重要化に伴い,安全・安心な情報サービスのための利用者認証が重要になって いる.また,組織間でのサービス連携のために,組織間の認証連携についての研究開発が行われている.本稿では, 組織間の認証連携の仕組みについてのべ,現在活動している大学間認証連携(UPKI)について説明する.また,認 証連携アプリケーションとしてのeduroam について述べ,最後に著者らが構築した九州大学のe...duroam 環境につい て述べる.
ID federation is one of important topic for information services. User authentication mechanism must be implemented for secure and personalized services. For inter-institutional services or nationwide services, it need inter-institutional user authentication, but it is very difficult to manage inter-institutional identity data base. ID federation is a solution for this problem. Federated institutions exchange user ID data each other. UPKI project were started by NII and some universities for Japan area ID federation. UPKI team joined eduroam for an application of ID federation. Eduroam is a RADIUS-based infrastructure that uses 802.1X security technology to allow for inter-institutional roaming. In this paper, the authors describe a case study for UPKI and eduroam in Kyushu University.
続きを見る

本文情報を非表示

itou-eduroam pdf 457 KB 663  

詳細

レコードID
査読有無
権利関係
関連情報
主題
注記
タイプ
登録日 2009.12.22
更新日 2020.11.17

この資料を見た人はこんな資料も見ています