<会議発表論文>
マッシュアップ・リソースとマッシュアップ・グルー

作成者
本文言語
発行日
収録物名
出版タイプ
アクセス権
概要 近年,店舗や駅などの検索結果と地図情報とを融合するサービスの実現手法としてマッシュアップが利用されるようになど,実用的で興味深いマッシュアップの例が多数見られるようになった.しかし,手元ににあるデータとWeb 上のサービスを組み合わせて簡単な処理を施し結果をまとめることや,それらの処理プログラムを試行錯誤して実務者が開発するといったような,実務的作業の能率をあげるといった観点でのマッシュアップ開発...は少ない.本稿ではまず,マッシュアップを,対象(mashupresouce) と結合法(mashup glue) という二つの観点で捉えるプログラミング・スタイルを提案する.マッシュアップ対象は,API や検索サイト,そして手元のCSV ファイルなどであり,入力型と出力型が規定された機械としてとらえる.マッシュアップ結合法は,出力と入力の単純結合の他に,マージ,ソート,CGI リンク,各種グラフ表示などのフィルター機能からなる.さらに,ブラウザ上で開発できるマッシュアップ開発環境を構築した.
Recently many entertaining mashups have been introduced, where mashup technique has been used to realize integration of web services, for example, web mapping services and search results about shops and stations from web search engines. However there are few studies how to develop practical mashups such as reporting and integrating both web data and spread sheet data on local PC, and how to improve business efficiency using mashup. In this paper, we propose a new programming style of mashup with respect to two perspectives, objects(mashup resource) and their functional composition(mashup glue). Mashup resources includes WebAPI, web search engines and local data on users’ computers. We consider them as I/O machines with data types. Mashup glue includes simple composition from output to input, filtering functions such as merging, sorting and CGI links, and visualizing components. In addition we developed a Web-based programming environment of mashups.
続きを見る

本文情報を非表示

article pdf 701 KB 760  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
注記
タイプ
登録日 2011.01.12
更新日 2018.12.21

この資料を見た人はこんな資料も見ています