<紀要論文>
多様形地位指数曲線の作成 : 曲線形に関するパラメータを変化させるモデル

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 地位指数は林業運営上重要な基準情報であり,経営対象の場所及び樹種に関して適切な地位指数曲線が準備されなければならない.しかし,従来は異なる地位であってもその形はガイドカープに同形とされているが,異なる成育条件下によって成長プロセスも異なるはずである.そこで,地位に応じて形を変える地位指数曲線の作成方法が検討された.まず,地位別に選定した71年生ヒノキ12本の樹幹解析による樹高成長データをRicha...rds成長関数にあてはめ,地位指数とパラメータの関係が求められた.次に,Richards成長関数のパラメータを地位指数の関数とすることによって,それぞれに応じた曲線形を持つ地位指数曲線(多様形地位指数曲線)が作成された.さらに,資料に用いた樹高成長データとの比較により精度の検証が行なわれた.その結果,多様形の地位指数曲線は,異なる樹高成長過程を適切に表現するものであることが示された.
Site indecies play an important role in forest management,and it is necessary to evaluate the site index for individual managing sites and species. Site index curves for particular species may vary in shape for different sites and environments. However, traditional site index curves have been generated as a series of propotional curves, all with the same shape (anamolphic). The Richards growth function model is applicable to sets of height-growth data obtained by stem-analysis. Estimated parameters of the function are then used to analyze the relation to site index. This paper presents polymorphic site index (height - over - age) curves for hinoki (Chamaecyparis obtusa Endl.) in Japan produced using varying parameters that depend on the site index.
続きを見る

本文ファイル

pdf p135 pdf 426 KB 1,065  

詳細

PISSN
NCID
レコードID
査読有無
主題
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2021.03.03

この資料を見た人はこんな資料も見ています