<紀要論文>
大藪川森林理水試験地の水文特性(I) : 水位-流量曲線式の検討と水収支について

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 1979年に設置された九州大学宮崎演習林内の大薮川森林理水試験地は,変成作用を受けた脆弱な地質と急峻な地形および降水量の多さという立地条件に特徴づけられる試験地である.当試験地は,伐採前後の長期間にわたる水文観測を実施することにより,森林施業が降雨流出に与える影響を明らかにすることを目的としている.本報告では,伐採前の自然林で構成される試験地流域の水文的特性を明らかにすることを目的に,その前段階と...して,1990年から92年の3年間の観測結果を用いて,水位―流量曲線式と水収支に関する検討をおこなった.水位―流量曲線式は,流量実測地と水理公式を用いて複数の式を提示し,それぞれの式を適用して求められる年間水収支の値を用いて,比較検討した.その結果,流域外との地下水の出入りの有無に関わらず,水収支上最も妥当と考えられる式が決定された.
The Oyabu Experimental Forest Hydrological Basin, which is a part of the Miyazaki Forests of Kyushu University, is located in the central part of the Kyushu Mountains. This basin is characterized by metamorphic flake bedrock, steep slopes and high precipitation. Our aim in the Experimental Basin, is to evaluate the influence of human forest activities on the hydrological cycle. In this paper, a method to determine the stage-discharge rating equation of the measuring flume was studied. Some rating equations were presented using measured discharge and hydraulic formulas. Annual runoff was calculated by each equation. Taking evapotranspiration and groundwater inflow into consideration, the annual value of water budget was compared and discussed. From the results, the most suitable rating equation was determined.
続きを見る

本文情報を非表示

p107 pdf 514 KB 184  

詳細

PISSN
NCID
レコードID
査読有無
主題
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2021.03.03

この資料を見た人はこんな資料も見ています