<紀要論文>
山地河川における階段状河床地形とヤマメ(Oncorhynchus masou masou)産卵床の形成位置に関する研究

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 山地河川においてヤマメ(Oncorhynchus masou masou)が生存システムを確立するためには,産卵空間を備えていることがきわめて重要な条件である.しかし,山地河川では,河床が急勾配であることに起因して時間的にも空間的にも流れが細かく変化し,それに応じて多様なスケールで河床変動が生じている.本研究の目的は,多様な河床地形の位置的な変化と産卵空間との関係を物理的に明らかにすることを目的と...する.そのために瀬と淵とが連続して河床地形をつくる堆積作用の卓越した区間において,水深変化,流速変化および淵における底質の砂礫についての粒径変化を分析した.その結果,ヤマメの産卵床は,フルード数が1の常流域と射流域の間に位置し,しかも一定の粒径組成をもつ粗砂,細礫,礫で満たされていることが必要なことがわかった.河川地形学でいうプール―ステップが小規模な河床変動によって形成されており,このような空間はそのプール下端郡に見られること,さらにそのプールは中規模の河床変動によって形成される体積の大きいプールの連続区間において見られることがわかった.
Survival system of fish (Oncorhynchus masou masou) in devastated river is owing to space for spawning. But in devastated river, spatial and temporal changes of river bed are occurred by current with diverse scales. A purpose of this study is to clear the relationship between spatial changes of river bed and space of spawning. Distribution of river depth, current velocity and diameter distribution of bed load in pools were analyzed along river channel consisting from many pool-step profiles. Results are as follows, Fish locates a space between ordinary flow zone and jet flow zone (Froude number=1) for spawning. At the same time, coarse sand, granule and pebble are necessary for spawning. The space with these conditions was found out at lower part of pool, that is changed by small scale transportation of bed load. The pool with these spawning space was located in the section consisting of continual large pools, that is changed by middle scale transportation of bed load.
続きを見る

本文ファイル

pdf p073 pdf 593 KB 727  

詳細

PISSN
NCID
レコードID
査読有無
主題
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2021.03.03

この資料を見た人はこんな資料も見ています