<研究報告書>
固有値分解のための超平面制約法に対する理論解析

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 行列の固有値分解を求めるためのアルゴリズムとして超平面制約法が提案されている[2].特異値分解用の超平面制約法については数値安定性,収束性,計算精度などの解析が[4, 5, 6] において進められているが,固有値分解用に関してはアルゴリズムが定式化された段階で未解明な部分が少なくない.本報告では,固有値分解用の超平面制約法に関するいくつかの性質を明らかにする.

本文情報を非表示

Article_No_33 pdf 221 KB 225  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
注記
タイプ
登録日 2012.07.27
更新日 2015.12.07