<紀要論文>
宮崎県北川の魚類相

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 宮崎県を流れる五ヶ瀬川水系北川の魚類相を明らかにすることを目的とし, 2000年から2007年にかけて魚類相調査を行った. その結果, 多くの希少種を含む52科140種の魚類が確認された. これまでに報告されている種を含めると, 58科165種という結果になり, 北川はこれまでに知られている日本本土の河川において, 最も種多様性が高いことが明らかとなった.  各種の生活環を 8 つのグループに分け...ところ, 感潮域に依存度が高いと考えられる種の割合が高かった. 北川感潮域の空間的な広さ, 水辺・水中環境の多様さが感潮域を利用する魚類に多様な生息環境を提供し, 北川感潮域の魚類の種多様性を支えているものと考えられた. 一方で, 純淡水魚の割合は低いということが明らかになった. また, 黒潮の影響下にあるため, 琉球列島やその南方に分布の中心を有するとされる南方系魚種が多く確認された.  本報告は, これまでに知見の少ない宮崎県の河川魚類相解明に向けて大きな価値を持つものと考えられる.
We investigated the fish fauna of the Kita River flowing through Miyazaki Prefecture during 2000 and 2007. The fish fauna of the river has 165 species belonging to 59 families. The Kita River is considered to be one of rivers with the largest diversity of the fish fauna in Japan.  Being divided into eight groups of their life cycles, fishes living in the tidally influenced areas occupied a large proportion (88 species), while genuine freshwater fishes were scarce (18 species). The largest diversity of the fish fauna in the Kita River is thought to reflect a wide spatiality and a large diversity of variable environments in the tidally influenced areas. The fishes having a southern distribution such as in the Ryukyu Islands occurred frequently.  These results would contribute to clarify the fish fauna of rivers around Miyazaki Prefecture.
続きを見る

本文情報を非表示

p15-25 pdf 767 KB 758  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.09.07