<会議発表論文>
プライバシ保護技術の評価のための権限認証モデル

作成者
本文言語
発行日
雑誌名
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 近年数多くのプライバシを考慮した権限認証方式が提案されているが,プライバシ保護に関する性質は形式的な定義が存在しないため,各方式の比較が困難である.各権限認証システムに対して最適な権限認証方式を選定するためには、権限認証方式をプライバシ保護の観点から包括的に評価することのできる枠組みを用意する必要がある.本稿では、プライバシ保護を考慮した形式的な権限認証モデルを提案する.提案モデルを用いてプライバ...シ保護に関する性質(顕名性,匿名性,仮名性,リンク不能性)を定義し,種々の実システムが有するプライバシ保護に関する性質を評価する.
It has been difficult to compare a lot of authorization methods recently proposed in the view point of privacy protection, since there is no formal definition of privacy protection. In order to select the optimal authorization method for each system, a general framework, which enables us a comprehensive verification of authorization methods in terms of privacy protection, is needed. In this paper we propose an authorization model designed in consideration for privacy protection. The proposed model enables us to give formal definitions of "identifiability", "anonymity", "pseudonymity", and "unlinkability" that relate with privacy protection. Using the model, we show that real world system realizes which privacy protection aspects above.
続きを見る

本文情報を非表示

toru07_1 pdf 81.0 KB 110  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
注記
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.09.01