<紀要論文>
近代ロシア社会再考 : 「科学と文化」の時代における労働者をめぐって

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
目次 I.問題の所在 近代ロシアの都市と農村-二元論と関係論 II.近代ロシアにおける「科学と文化」の時代性  1. 「科学と文化」の担い手-政府とインテリ・専門家  1)啓蒙と開明の時代  2)インテリゲンツィアと専門家  2. 「科学と文化」の時代的雰囲気  1)「厚い雑誌」の普及 2)「科学と文化」の全国的ネットワーク-科学団体の設立 3)「大改革期」の文化的圏際環境 3. 「科学と文化」の象徴としての出版 1)検閲政策と出版 2)出版事情全般 3)革命派出版事情 4)農村農民と読書 4.「科学と文化」の発現様式としての「ヴ・ナロード」 1)人民との接触-「ナロード」のイメージ 2)宣伝と宣伝家 3)宣伝の方法-言語コミュニケーションをめぐって(以上本号) III.「科学と文化」の結節点としての「労働者=インテリ」(以下次号) 5. 1873年の革命派諸綱領 6. サークル運動における労働者 7. 「ザヴォッキエ」の世界 8. 「労働者;インテリ」の出現をめぐって IV.結語

本文情報を非表示

scs08p089 pdf 8.75 MB 209  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2009.04.22
更新日 2017.07.26