<紀要論文>
モダニティとフェミニズム : ポストモダン・フェミニズムのジレンマ

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 ポストモダン・フェミニズムは,近代西欧の認識論,すなわち合理性/非合理性の二項対立を中軸とする合理主義的な認識論を,じつはそれが男性性/女性性の二項対立を中軸とする男性主義から生成されたものとして拒斥する.そのさい,ポストモダン・フェミニズムは,ポストモダニズムとフェミニズムの関係を,ポストモダニズムはフェミニズムにロゴセントリズムからの脱却の糸口を提供するに対し,フェミニズムはポストモダニズムに...ファロセントリズムからの脱却の糸口を提供する,という相互補完的な関係として捉える.しかし,モダニティとポストモダニティは宇宙/反宇宙のように完全に不親和であり,ゆえに,モダニティに対するポストモダニズムの戦略は,フーコーの戦略がまさにそうであるように,モダニティの外部からの「雑音」のインプットという形式にならざるをえない.しかし,フェミニズムがまさにフェミニズムであるためには,そのような戦略を選択するわけにはいかない.そこに,ポストモダン・フェミニズムのジレンマが存在する.続きを見る

本文情報を非表示

scs02p027 pdf 1.72 MB 1,088  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.07.18