<学術雑誌論文>
再生細骨材を用いたモルタルの細孔構造の粗大化と強度及び耐久性の低下

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
関連DOI
概要 本研究は再生細骨材を使用したモルタルの強度及び耐久性の低下機構について細孔構造の観点から考察したものである.再生細骨材を使用したモルタルはセメントペースト部の細孔構造がポーラスになり,強度や耐久性が低下する.これは骨材から水分が滲出することが原因と考えられる.特に 50 nm~2 μm の細孔容積と強度や中性化速度係数及び塩化物イオンの見かけの拡散係数に良い相関関係が確認できる.また,強度及び耐久...性の改善を目的として各種混和材を混入した.その結果,混和材を混入することにより再生モルタルの強度及び塩分浸透抵抗性が改善されることを明らかにした.また,混和材を混入することにより中性化抵抗性は低下するが,本研究において予測式を提案し,それにより対応可能であることを示した.
This study reports the decrease of strength and deterioration mechanism of mortar incorporationg recycled fine aggregate from the viewpoint of porosity. Pore volume of cement composites with recycled aggregate was large. Thus, strength of mortar incorporationg recycled aggregate decreased. Pore volume of 50 nm~2 μm affected strength, carbonation speed and diffusion coefficient of chloride ion. In order to improve the strength and durability of recycled mortar, in this study mineral admixtures such as ground granulated blast-furnace slag and fly ash were used. Strength and diffusion coefficient of chloride ion of mortar were improved, but carbonation speed was larger than that of normal mortar. Carbonation speed was evaluated by total water-effective binder ratio.
続きを見る

本文情報を非表示

0730 pdf 585 KB 154  

詳細

レコードID
査読有無
権利関係
関連情報
主題
ISSN
DOI
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.06.09

この資料を見た人はこんな資料も見ています