<紀要論文>
14.1MeV中性子照射における反跳原子核の生物学的効果への寄与

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 組織等価物質について14.1MeV中性子のエネルギー付与を計算によって求めた。さらに相互作用によって放出される荷電粒子を陽子,α粒子,反跳 原子核(α粒子よりも重い原子核)の三つのグループにわけ,その平均LET∞を求めた。求めた平均LET∞の値とLETとRBE,LETとQFの関係を用いてそ れ等粒子の生物学的効果への寄与の割合を求めた。これをまとめると次のとうりである。1.エネルギー付与:7.44...×10-9erg・g-1・(n cm2)-1 陽子の寄与63.7%,α粒子の寄与18.5%,反跳原子核の寄与17.8% 2.RBE値:2.3 陽子の寄与36%,α粒子の寄与33%,反跳原子核の寄与31% 3.QF:9.7 陽子 の寄与29.5%,α粒子の寄与33.6%,反跳原子核の寄与36.9%続きを見る

本文情報を非表示

KJ00000075119-00001 pdf 395 KB 126  

詳細

レコードID
selfDOI
査読有無
関連情報
地域
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2010.06.07
更新日 2016.06.10