<テクニカルレポート>
カナリア・フリップフロップを利用する DVS 方式の改良

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
関連URI
概要 微細化の進展により顕在化しつつあるパラメタばらつきを抑制するために、カナリア・フリップフロップを提案している。これまで、入力値のばらつきを利用して、電源電圧マージンの削減による消費電力削減方式を検討してきた。本稿では、カナリア FF を利用する DVS システムにおける課題を検討する。特に電源電圧の振動問題を扱い、シミュレーションの結果、性能への悪影響が取り除かれることを確認出来ている。
In de...ep submicron technologies, parameter variations have become a serious problem on LSI design. We proposed canary flip-flops to attack the problem, and have investigated its application on power reduction by exploiting input value variations. This paper considers some critical issues on the canary FFs and the DVS systems utilizing the canary FF. Especially, this paper focuses on the problem of power supply voltage and evaluate a solution. Detailed simulation results show that performance penalty is effectively eliminated.続きを見る

本文情報を非表示

sato07_3 pdf 339 KB 153  

詳細

レコードID
査読有無
権利関係
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2020.10.13

この資料を見た人はこんな資料も見ています