<学術雑誌論文>
前立腺癌治療中の酢酸リュープロレリンによる肉芽腫

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 Luteinizing hormone-releasing hormone (LH-RH)analogues have become the main focus of androgen deprivation therapy for prostatic cancer. The occurrence of injection-site granulomas due to the administr...ation of LH-RH analogues has been thought to be a rare reaction. We herein report a rare case presenting injection-site granuloma due to the administration of leuprorelin acetate,mimicking metastatic nodule. A 90-year-old man presented with subcutaneous nodules at the injection-site of leuprorelin acetate11.25mg (for 3-month use). Ultrasound examination and computed tomography (CT) revealed two nodules in the bilateral abdominal walls mimicking metastatic nodule. Although he was surgically treated because of the possibility of malignancy, in the end, no evidence of malignancy was found. We should keep in mind that LH-RH analogues may cause injection-site granulomas mimicking metastatic nodule, and therefore we must inform patients undergoing the administration of leuprorelin acetate that it may cause injection-site granuloma and thus when a patient demonstrates a subcutaneous nodule it is essential to confirm whether or not he has received an injection of the LH-RH analogue at the site of nodule.
黄体化ホルモン放出ホルモン(LH-RH)アナログは,前立腺癌のホルモン療法において重要な役割を担っている.これまで,LH-RH アナログによる注射部位肉芽腫は,稀な副作用と考えられてきた.われわれは,このたび,転移性腫瘍と紛らわしい腫瘤を呈した酢酸リュープロレリンによる肉芽腫を経験したので報告する.症例は,90歳男性.酢酸リュープロレリン11.25mg(3ケ月製剤)の注射部位に硬結を認めた.超音波検査,CT にて転移性腫瘍が疑われ,腫瘤摘除術が行われたが,悪性所見はなかった.われわれは,LH-RH アナログにより転移と紛らわしい注射部位肉芽腫を生じる可能性があることを知っておくべきである.また,LH-RH アナログによる治療を受ける患者に対しそのことを周知し,皮下腫瘤を呈した患者を診察した際には,その部位にLH-RH アナログの注射を受けていないか確認すべきである.
続きを見る

本文情報を非表示

fam98-7_p301 pdf 190 KB 241  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.07.31