<会議発表論文>
新しいSoC設計技術開発と大学・学会・研究機関の役割

作成者
本文言語
発行日
雑誌名
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 Changes of the structure of semiconductor industry and technologies are requesting a new model of technology development. In the area of SoC design, which contains software, digital circuits, memories..., analog circuits, sensors, RF circuits and power supplies, a comprehensive design methodology considering fabrication, testing, packaging and distribution of the chips. In this talk, we discuss a bird-view of challenges of SoC design and introduce new methodologies including NoC (Network on a Chip) and reconfigurable computing. We also discuss on roles of universities, research institutes, and academic societies in the innovation of design technologies. Asian countries are now shifting to design technologies from fabrication ones. We show movements of new research and education activities in Asian countries and look for the possibilities of collaboration in this region.
半導体産業の構造と技術の変化は新しい技術開発のモデルを必要としている。特に, SoC 設計の分野では,ソフトウェア,ディジタル回路,メモリ,アナログ回路,セン サ,無線通信機能,電源回路などの集積に対し,製造,試験,実装,供給までを考慮 した総合的なSoC 設計技術が求められている.ここでは,SoC 設計の課題を概観し, 設計技術に対する新しい挑戦としてネットワークオンチップや再構成可能論理の利 用技術などを紹介する.さらに,このような設計技術の革新の中で,大学や研究機関, 学会の果たすべき役割について述べる.また,躍進著しいアジア各国では新しい産学 連携や研究体制の模索が進んでいる。アジア諸国の動きを中心に新しい研究開発のモ デルについても議論する。
続きを見る

本文情報を非表示

yasuura03_4 pdf 287 KB 130 論文
p_yasuura03_2 pdf 851 KB 87 プレゼンテーション

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.03.02