<会議発表論文>
RFIDを用いたディジタルネーミング社会における信頼性の向上

作成者
本文言語
発行日
雑誌名
出版タイプ
アクセス権
概要 本研究では,RFID (Radio Frequency IDentification) を用いた情報システムの信頼性を向上させる方法を 検討する.RFID とは,無線通信が可能な小型IC を用いて物品の識別をする技術である.RFID を用いて現実世界の 物品を識別可能にすることをディジタルネーミングとよぶ.販売業や流通業では,実際にRFID を用いた物品管理を 実施し始めていて,ディジタルネーミン...グが現実に浸透しつつあるといえる.ディジタルネーミングでは,現実世界 の情報を仮想世界に確実に取り込み,情報の信頼性を確保することが重要となる.しかし,電波の干渉によってリー ダがRFID の認識に失敗したり,利用者がRFID を故意に認識させなかったりすることで,情報の信頼性を保つこと ができないという問題が発生する.本論文ではこの信頼性の問題について,リーダおよび計算機ネットワークを用い ることで,RFID の認識の確実性を向上させ,システムの一貫性を保つ方法について議論する.
We discuss Reliability in the ‘Digitally Named World’, which is the environment in which ‘Radio Frequency ID’s (RFIDs) are attached to any goods and any object in the real world, can be found by the readers of the RFIDs and the networked database system. In distribution industry, the Digitally Named World is launching into the real world, such as the product management system using RFIDs. In the stage of deploying the Digitally Named World, Reliability becomes the crucial issues, because of the unreliable nature of RF communication and human interventions to the operations. Especially, there exists an inaccurate conversion between the real world and the virtual world which models the real world using RFIDs. Error detection and correction of the inaccurate conversion becomes more important as the Digitally Named World is deployed to critical domains. In this paper, We propose the systematic approach, which detects the events which affects the reliability as soon as possible, to establish the reliability of the Digitally Named World.
続きを見る

本文情報を非表示

hagiwara02_1 pdf 358 KB 41  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
注記
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.03.02