<学術雑誌論文>
マルチメディア指向並列計算機KUMP/Dとそのメッセージ処理機構

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
関連URI
概要 マルチメディアアプリケーションに必要な高速な動画像処理のために, 様々なハードウェアアクセラレータが開発されている. しかし, 将来のマルチメディアでは双方向のVisual Interface等の複雑な処理が要求されるため, ハードウェアアクセラレータは不向きであると考えられる. 我々は, 次世代のマルチメディアアプリケーションのために, 並列計算機KUMP/Dを設計製作中である. KUMP/Dは...メッセージをハードウェアで処理するFMP (Fine-grain Message Processor) と呼ぶ機構を設けており, 細粒度並列処理を効率良く行うことができる. 本稿では, KUMP/Dの構成を述べ, 細粒度並列処理において重要なメッセージ処理能力の評価を行う.
High speed image and video processing is a key technology in multi-media applications. Currently, many hardware accelerators are developed and used in order to speed up such processing. However, the hardware accelerators are insufficient for the advanced multi-media applications such as bidirectional visual interface. Considering the above situation, we have been developing a multi-media processor KUMP/D (the Kyushu University Multi-media Processor on Datarol-II). The KUMP/D can efficiently execute a fine-grain multi-thread program by FMP (Fine-grain Message Processor). This paper describes the structure of the KUMP/D and the performance analysis of message handling, which is important for fine-grain multi-thread processing.
続きを見る

本文情報を非表示

TomiyasuIPSJ97 pdf 1.23 MB 35  

詳細

レコードID
査読有無
権利関係
関連情報
主題
ISSN
タイプ
登録日 2009.06.13
更新日 2020.02.10

この資料を見た人はこんな資料も見ています