<紀要論文>
成人男性における白血球数および好中球貪食能の日内変動について

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 免疫の日内変動を知ることは、運動が免疫に及ぼす影響を観察する場合に重要であると思われる。本研究では、成人男性における白血球と好中球貪食能の日内変動を明らかにし、あわせて血液採取のタイミングについて検討することを目的とした。 被験者は、21~41歳の男性7名であった。12時間の絶食後、7:30、12:00、16:00、20:00、翌日8:00に、肘静脈よりそれぞれ7mlの採血を行い、得られた血液より...白血球数、白血球分画、好中球貪食率および好中球一個あたりの貪食能(P.I.)を測定した。結果の統計処理には、一元配置の分散分析を用い、有意差が認められた場合のみ対比法を用いて有意差検定を行った。有意水準は、危険率5%未満とした。その結果、総白血球数、好中球数、好中球貪食能は日内変動を有することが示唆され、総白血球数、好中球数は12:00に最も高い数値を示し、好中球貪食率、P.I.は12:00に最も低い値を示すことが示唆された。また、安静時での免疫比較を行う場合の血液採取には、すべての項目の有意差が認められなかったこと、その他の免疫に影響を及ぼす因子の影響をなるべく受けないためにも、早朝空腹時に採血を行うことが望ましい可能性が考えられた。
It is important to know the circadian rhythms of immune cells when we study the effects of exercise on immune system. The purpose of this study to investigate about the circadian rhythms of whiteblood cell and neutrophil phagocytic function in men. Seven men volunteered for this study. The blood samples were collected at 7:30, 12:00, 16:00, 20:00 and next day 8:00 (n-8:00). Counts of totasl White blood cell (WBC), neutrophils lymphocytes, monocytes and the defferental white blood count were measured. At 20:00, the number of total WBC were significancy higher than at 7:30(p<0.01), 16:00(p<0.05), n-8:00(p<0.05). Neutrophils were significantly higher at 20:00(p<0.01),16:00(p<0.05), 12:00(p<0.01) and it increased at 7:30 than 12:00. Neuriphil phagocytic index was significantly higher at 12:00 than 7:30, 16:00 and n-8:00. Neutrophil phagocytic index was significantly lower at 7:30 than 12:00 and 20:00. These dates suggested that there are circadian rhythms of the number of total WBC and neutrophil
続きを見る

本文情報を非表示

p009 pdf 302 KB 1,315  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.01.27