<紀要論文>
ネパール人(中部山岳民)の身長、体重および身体組成

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 Measurements of height, weight and body composition were carried out on 116 males aged 20-84 years living in Kali Gandaki Zone as a basic research of the Health Scientific Expedtion in Nepal. % Fat an...d LBM were estimated from skinfold thickness according to the method of Nagamine. Mean values of height, weight and LBM of this subjects were similar to the previously reported values of some Nepalese groups. No age differences of height were not found among Nepalese groups. However, mean height of Japanese groups increase in inverse proportional to the increase of age at a rate of 10 mm per decade. And young Japanese groups showed mean height significantly heigher than all Nepalese groups and old Japanese groups. These results support the hypothesis that Nepalese is not low height population genetically and the height is deeply influenced by the socio-economical conditions such as diet, etc.. Except the oldest age group, mean weight of Nepalese groups were lower than that of Japanese groups. Mean LBM of young Nepalese groups were significantly lower than that of young Japanese groups, however, differences between Nepalese and Japanese were not significant in the case of old age groups. In all age groups, Nepalese showed % Fat significantly lowerthan Japanese. No significant differences were found relative LBM between Nepalese and Japanese groups. Therefore, the differences of weight and LBM between Nepalese and Japanese depended on the differences of their height and fatty mass. It is said that low fatty mass of Nepalese may due to their active life style.
ヒトの健康の維持増進に必要な条件を明らかにする目的で,「ネパール王国における健康科学的調査」を実施してきた。そして,その一環として調査したネパール人の形態測定の結果を,従来の報告値および日本人の値と比較しながら検討を加えた。対象者は,ネパールの中部山岳地帯に居住する20〜84才の成人男子116名であった。このほとんどが自給自足的な農民であった。結果は,次のとおりである。1)身長(年令群別平均)は,20才代から60才以上群まで大差なく,世代差が認められなかった。これらの値は,比較的若いネパール人についての従来の報告値と大差ないものであった。日本人と比較すると,若い世代では有意に低かったが,高年令者群ではほとんど差がなかった。2)体重および除脂肪体重(LBM)も,従来の報告値と大差なかった。しかし,日本人と比較すると,体重はほとんどの年令群に,LBMは若い世代の群のみに有意な差が認められ,いずれもネパール人群の方が低値であった。3)体脂肪率(%Fat)は,どの年令群においても日本人より有意に小さかった。また,従来のネパール人についての報告値よりも小さかった。4)以上の結果から,ネパール人の身長に世代差が認められないこと,および若い世代で日本人より低身長であることは,遺伝的要因に基づくものではなく,動物性蛋白質の摂取を中心とした社会経済的要因によるものであろうと思われた。5)さらに,ネパール人と日本人の体重およびLBMの差は,身長および体脂肪量の差によると考えられた。また,ネパール人の体脂肪量が少ないのは,摂取エネルギーの不足のためではなく,運動不足の傾向がみられないためであろうと考えられた。
続きを見る

本文情報を非表示

KJ00000093162-00001 pdf 451 KB 965  

詳細

レコードID
selfDOI
査読有無
関連情報
地域
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2009.09.08
更新日 2018.06.12