<紀要論文>
質量減弱係数の補間に関する一考察 : 低次多項式補間法について

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 In general,the data interpolation necessary for the research is received as one process to this research and it is rare to be publicized. Then the researchers have to make original works. So it is exp...ected that the publication of the method and results of the interpolation with polynomial expression of lower degree will save troubles of many researchers.
一般に,研究の中で必要なデータの補間は研究の一つの途中段階として扱われ,表に出て 来ることは稀である。研究者は独自にこの作業を行なわなければならない。 そこで,より簡単な低次多項式での補間法とその結果の公表は,研究者の手間の軽減に寄 与できるものと期待される。
続きを見る

本文情報を非表示

shsjournal2006-1_09 pdf 983 KB 290  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.01.23