<紀要論文>
母親の育児意識を構成する概念とそれに関連する要因

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 Child-rearing consciousness is the idea which has both positive and negative side, and has an important influence on mothers' child-rearing, so that children's growth and development of children as we...ll. In this study we conducted a survey on 2151 mothers in all , out of whom 1122 have children at 18 months while 1029 have children at 24 months. We tried to extract the general which forms mothers' child-rearing consciousness and to clarify the factors. On the basis of preceding researches, we collected 56 items concerning child-rearing consciousness. By the KJ method, 22 items were derived. As a result of the examination of the face and content validity, 20 items remained. Through GP analysis, I-T analysis and factor analysis, 4 items of them were deleted because their factor loadings were 0.3 or less. Amongst the 16 items, 5 factors were derived. These factors were named "child-rearing happiness", "child-rearing stress", "husband's support", "child-rearing confidence", and "feeling of being need to a child". We tried to clarify the 5 factors. Factor of "child-rearing happiness" was related to Birth order and living together family. Factor of "child-rearing stress" was related to age of a child , birth order, living together family. Factor of "husband's support" was related to birth order, living together family. Factor of "child-rearing confidence" was related to birth order. Factor of "feeling of being need to a child" was related to birth order, living together family.
育児意識は,育児に関するポジティブな意識とネガティブな意識(育児不安や育児ストレ ス)が含まれ,育児に大きく影響し,子どもの成長・発達を促進する母親の育児に関する意 識である。本研究では,1歳6ヶ月児を持つ母親1,122 人と2歳児を持つ母親1,029 人の合計 2,151 人の母親を対象とし,母親の育児意識を構成する概念を類型化すること,また,類型化された因子に関連する要因を明らかにすることを目的とした。 先行研究を踏まえ,「育児意識」について56 項目が集められ,KJ法でまとめ,表面妥当 性の検討,内容妥当性の検討の結果,20 項目となった。GP分析とI-T分析,因子分析を行っ た結果,因子負荷量が0.3 以下であった4項目を削除した,育児意識(16 項目)の因子分析の 結果,5因子構造であることがわかり,第1因子は「育児の喜び」,第2因子は「育児ストレ ス」,第3因子は「父親のサポート」,第4因子は「育児に対する自信」,第5因子は「子ども から必要とされている感覚」と命名された。 5因子と関連する要因についての検討を行った。「育児の喜び」因子に関連したものは,子 どもの出生順位と母親の年齢,同居家族であった。「育児ストレス」因子に関連したものは, 子どもの年齢と出生順位,同居家族であった。さらに,「父親のサポート」因子に関連したも のは,子どもの出生順位と同居家族であった。「育児に対する自信」因子に関連したものは, 子どもの出生順位であった。「子どもから必要とされている感覚」因子に関連したものは,子 どもの出生順位と同居家族であった。
続きを見る

本文情報を非表示

shsjournal2006-1_08 pdf 989 KB 760  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.07.07
更新日 2018.08.31