<紀要論文>
サブストラクションを用いた中範囲理論の構成 : 「静かなお産」の概念を素材として ─

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 The purpose of this study was to develop a middle range theory for nursing to describe“calm delivery”phenomenon observed in the pregnant women who are well-adapted to internal and external environment...s.Substruction of Levine's Conservation Model was used to clarify the major variables and their relationships.Twenty six nursing literatures were reviewed to clarify the related variables. Four major variables such as“conservation of patient energy”“conservation of structural integrity”“conservation of personal integrity”and“conservation of social integrity”were extracted from Levine's Conservation Model.Twenty two concepts were found relating to the 4 major variables.Few concepts were related to“conservation of patient energy”“conservation of structural integrity”and“conservation of personal integrity”.Therefore the middle range theory to describe the relation between“calm delivery”and“conservation of social integrity”was developed using 5 key concepts such as social support, dyadic relation between the parents, relation between the person and the environment, family function, and dyadic relation between the generations. The results indicated that there is an imperative need for the theory testing researches.Substruction is a useful strategy to clarify the major variables in a study and to connect the theoretical basis of the study to the middle range theory. The middle range theory developed in this study will offer the significant cues for conducting studies to describe“calm delivery”.
本研究の目的は,内的・外的環境によく調和した妊婦にみられる「静かなお産」の現象を記述するための中範囲理論を開発することにある。主要な変数とそれらの関係を明らかにするために,Levineの保存原理のサブストラクションを行い,26編の看護学の文献を総覧した。Levineの保存原理から,「エネルギーの保存」「構造上の統合性の保存」「全人格の保存」「社会的統合性の保存」の4つの基体が抽出され,総覧した文献からそれら4基体に関連した22の基体概念が抽出されたが,「エネルギーの保存」「構造上の統合性の保存」「全人格の保存」に関連したものはほとんど抽出されなかった。そのため,5主要概念(社会的支持,両親間の二者関係,環境との調和,家族の機能,世代間の二者関係)をもちいて,「静かなお産」と「社会的統合性の保存」の関係を記述する中範囲理論を構成した。 本研究の結果は,看護学において理論を検証する研究が不可欠であることを示唆している。サブストラクションは,研究の主要な変数を明らかにし,研究の理論的な基盤を中範囲理論に結びつけるための有用な方策である。サブストラクションを用いて本研究で構成した中範囲理論は,「静かなお産」の現象を記述する研究に有用な手がかりを提供すると思われる。
続きを見る

本文情報を非表示

shsjournal2005-1_05 pdf 3.9 MB 2,005  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
登録日 2009.04.22
更新日 2017.01.20