<研究報告書>
量子ウォークのmax-plus類似とその性質

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
会議情報
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 一次元整数格子上の量子ウォークに対するmax-plus類似について考え,これをmax-plusウォークと呼ぶことにする。本研究では,このmax-plusウォークの保存量や定常状態,極限分布について議論する。

本文ファイル

Article_14 pdf 522 KB 66  

詳細

レコードID
注記
登録日 2020.05.01
更新日 2021.03.23

この資料を見た人はこんな資料も見ています