Link to this page

Statistics

  • Access to this page:22 times

  • Number of loans:10 times
    (Number of loans in 1 year:1 times)

<Book>
世界史のなかの満洲帝国と日本
セカイシ ノ ナカ ノ マンシュウ テイコク ト ニホン

Responsibility 宮脇淳子著
Series WAC BUNKO ; B-135
Material Type Book
Publisher 東京 : ワック
Year 2010.10
Language Japanese
Size 280p ; 18cm
Abstract 「王道楽土」とまで呼ばれた、今はなき満洲帝国—。なぜ日本人は満洲にむかったのか?それは、日本と満洲の関係だけでなく、清朝中国、モンゴル、朝鮮、ロシアそれぞれの思惑と利害を眺めてこそ見えてくる。「歴史に道徳的価値判断を介入させてはいけない。歴史は法廷ではないのである」と語る著者による、歴史学的な位置づけの「満洲」入門書。
Table of Contents 第1章 満洲とは何か—もともと種族名だった満洲。地名になったのは日本がはじまり
第2章 満洲の地理と古代—中国文明とは「漢字」と「都市」と「皇帝」
第3章 東アジアの民族興亡史—日本人と朝鮮人は、中国から同時に独立した“双子の関係”
第4章 元朝から清朝へ—モンゴル人の元朝、満洲人の清朝による中国の支配
第5章 ロシアの南進と日露関係—ロシアが奪うアムール北岸と沿海州
第6章 日本の大陸進出 日清・日露戦争—近代化できない清国・朝鮮にロシアの触手が...
第7章 日露戦争後の満洲と当時の国際情勢—欧米列強が承認、南満洲と韓国という日本の勢力圏
第8章 満洲帝国の成立—ソ連の謀略と中国の排日運動、満蒙権益を守るための満洲建国
第9章 日本史のなかの満洲—官・民あげて満洲投資、最大二百二十万人の日本人が満洲に
第10章 日本敗戦後の満洲—満洲帝国の“遺産”が現代中国をつくった

Holdings


Central Library 4A 032112010036680 222.5/Mi 87 2010

Bibliographic details

Other titles original title:世界史のなかの満洲帝国
Notes 「世界史のなかの満洲帝国」 (PHP研究所 2006年刊) の改題改訂新版
Authors 宮脇, 淳子(1952-) <ミヤワキ, ジュンコ>
Subjects BSH:満州 -- 歴史(1932-1945)  All Subject Search
Classification NDC8:222.5
NDC9:222.5
ID 1001438960
ISBN 9784898316351
NCID BB03816536
Vol ISBN:9784898316351 ; PRICE:933円+税
Created Date 2011.01.26
Modified Date 2011.01.26

Similar Items

People who viewed this item also viewed

People who borrowed this item also borrowed