Link to this page

Statistics

  • Access to this page:43 times

  • Number of loans:10 times
    (Number of loans in 1 year:0 times)

<Book>
満州国
マンシュウコク

Responsibility 岡部牧夫 [著]
Series 講談社学術文庫 ; [1851]
Material Type Book
Publisher 東京 : 講談社
Year 2007.12
Language Japanese
Size 267p : 挿図, 地図 ; 15cm
Abstract 王道政治、五族協和、財閥排除等のスローガンのもと、ソ連社会主義や中国民族主義への砦、鉱物資源や農産物の供給基地という役割を担い、「日本の生命線」として生まれた満州国。しかしそれは出発点から、日本のかいらいとしての宿命を負っていた。以来、建国の理想をことごとく裏切った、十四年に及ぶ日本による満州国支配の実態を明らかにする。
Table of Contents 序章 現代史のなかの“満州”
1 満州国の誕生—かいらい国家の政治史(満州事変の意味するもの
出先軍の作る国
成長するかいらい帝国)
2 戦争準備と産業開発—五か年計画とその矛盾(産業開発五か年計画
五か年計画の資金と物資
関東軍の戦争準備
総動員と民衆への圧迫)
3 配達されない手紙—満州国の農業政策(東北の農業と農民
満州国の農業政策
日本人農業移民)
終章 満州国の遺産はなにか
show more

Holdings


Central Library 4Wa_10‐21 058112007051993 学術文庫 2007

Bibliographic details

Notes シリーズ番号はカバーによる
参考文献: p250-256
Authors 岡部, 牧夫(1941-) <オカベ, マキオ>
Subjects NDLSH:満州国
Classification NDC8:222.5
NDC6:222.5
NDLC:GE357
ID 1001330108
ISBN 9784061598515
NCID BA84057434
Vol ISBN:9784061598515 ; PRICE:960円+税
Created Date 2009.09.18
Modified Date 2009.09.18

Similar Items

People who viewed this item also viewed

People who borrowed this item also borrowed