このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:1回

  • 貸出数:0回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
IASBの概念フレームワーク
IASB ノ ガイネン フレームワーク

責任表示 岩崎勇編著
データ種別 図書
出版者 東京 : 税務経理協会
出版年 2019.5
本文言語 日本語
大きさ 2, 7, 186p : 挿図 ; 21cm
概要 本書には、次のような特徴がある。(1)まずIASBの概念フレームワークに関する全貌について、次に概念フレームワークの各章の内容について検討していること。(2)IASBの概念フレームワークの規定内容を理論的に深く検討していること。(3)基本的な規定内容の解説と共にその理論的な内容検討を行っていること。(4)概念フレームワークについてのスタディー・グループの研究成果が生かされていること。
目次 第1章 IASC(IASB)概念フレームワークの目的—概念フレームワークの意義と必要性
第2章 概念フレームワークの論理性
第3章 IASB概念フレームワークの全体像
第4章 財務報告の目的—経済の金融化現象と英米の対立
第5章 有用な財務情報の質的特性
第6章 財務諸表と報告企業
第7章 財務諸表の構成要素
第8章 財務諸表の構成要素の認識
第9章 財務諸表の構成要素の測定
第10章 表示及び開示—純損益を中心に据えた財務業績の開示の意味
第11章 資本及び資本維持の概念
続きを見る

所蔵情報


中央図 3B 110012019519357 336.92 /I 96 2019

書誌詳細

別書名 標題紙タイトル:Conceptual framework for financial reporting
一般注記 参考文献: 各章末
著者標目 岩崎, 勇 <イワサキ, イサム>
件 名 BSH:国際財務報告基準
NDLSH:国際会計基準
分 類 NDC8:336.92
NDC9:336.92
NDC10:336.92
書誌ID 1001678141
ISBN 9784419066093
NCID BB28417778
巻冊次 ISBN:9784419066093
登録日 2019.07.02
更新日 2019.07.02

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています