このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:28回

  • 貸出数:5回
    (1年以内の貸出数:5回)

<図書>
ユダヤ人問題からパレスチナ問題へ : アメリカ・シオニスト運動にみるネーションの相克と暴力連鎖の構造
ユダヤジン モンダイ カラ パレスチナ モンダイ エ : アメリカ・シオニスト ウンドウ ニ ミル ネーション ノ ソウコク ト ボウリョク レンサ ノ コウゾウ

責任表示 池田有日子著
データ種別 図書
出版者 東京 : 法政大学出版局
出版年 2017.7
本文言語 日本語
大きさ 309, xxiip : 挿図, 地図 ; 22cm
概要 1948年のイスラエル建国に至る政治過程において決定的な役割を果たしたアメリカは、民主主義・民族自決の理念に反するユダヤ人国家建設をなぜ支持しえたのか。系譜学的アプローチによりパレスチナ問題の根源に迫る。アメリカ人であり、ユダヤ人であり、シオニストであることの孕む矛盾のなかでイスラエル建国を実現したアメリカ・シオニスト運動の全容。
目次 序章 ユダヤ人問題、パレスチナ問題、国民国家(問題の所在
本書のアプローチ)
第1部 アメリカ・シオニスト運動の成立—ルイス・ブランダイスを中心として(アメリカ・シオニスト運動の開始
ブランダイスと「アメリカ」・シオニスト運動の形成
アメリカ・シオニスト運動とパレスチナ・ユダヤ・ナショナル・ホーム)
第2部 アメリカ・シオニスト運動と「パレスチナ」(アメリカ・シオニスト運動とパレスチナ・アラブ人
アラブの大蜂起・パレスチナ分割案・パレスチナ・アラブ人の「移住」)
第3部 アメリカにおける「パレスチナにおけるユダヤ・コモンウェルス建設」というアジェンダ形成・確定をめぐる権力過程(アメリカ・シオニスト運動における「ユダヤ人国家建設」「ユダヤ軍創設」というアジェンダをめぐる権力過程
ビルトモア会議
一九四三年アメリカ・ユダヤ人会議—アメリカ・シオニストの「団結」からアメリカ・ユダヤ人の「団結」へ)
イスラエルの建国とパレスチナ問題の発生
続きを見る

所蔵情報


中央図 4B 024112017017042 316.88/I 32 2017

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:ユダヤ人問題からパレスチナ問題へ : アメリカシオニスト運動にみるネーションの相克と暴力連鎖の構造
一般注記 博士論文「19世紀末から1948年イスラエル建国に至るアメリカ・シオニスト運動の展開 : 『アメリカ』と『パレスチナ問題』形成序説」 (法政大学, 2010年) をもとにしたもの
参考文献: 巻末px-xvii
著者標目 池田, 有日子(1970-) <イケダ, ユカコ>
件 名 BSH:シオニズム
BSH:パレスチナ問題
NDLSH:シオニズム -- 歴史  全ての件名で検索
NDLSH:ユダヤ人 -- アメリカ合衆国 -- 歴史  全ての件名で検索
分 類 NDC9:316.88
書誌ID 1001651872
ISBN 9784588625367
NCID BB24182275
巻冊次 ISBN:9784588625367 ; PRICE:4800円+税
登録日 2018.02.23
更新日 2018.02.23

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています