このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:41回

  • 貸出数:12回
    (1年以内の貸出数:8回)

<図書>
測度・確率・ルベーグ積分 : 応用への最短コース
ソクド カクリツ ルベーグ セキブン : オウヨウ エノ サイタン コース

責任表示 原啓介著
データ種別 図書
出版者 東京 : 講談社
出版年 2017.9
本文言語 日本語
大きさ xii, 142p ; 21cm
概要 測度論的な確率論の内容をやさしく、コンパクトに解説。特に、確率論を「道具として」使うために参照されることを意識した。
目次 第0章 確率になぜ測度論が必要なのか—ルイス・キャロルの悩み
第1章 確率と測度
第2章 積分と期待値
第3章 収束と極限のおさらい
第4章 道具としての積分論:収束定理とフビニの定理
第5章 ラドン‐ニコディムの定理と条件つき期待値
第6章 いろいろな不等式
第7章 確率論の基本

所蔵情報


理系図1F 開架 031112017009118 415.3/H 31 2017

理系図1F 開架 130012018014590 415.3/H 31 2018

書誌詳細

別書名 標題紙タイトル:Measure, probability, Lebesgue integral
異なりアクセスタイトル:測度確率ルベーグ積分 : 応用への最短コース
一般注記 参考文献: p137-138
著者標目 原, 啓介(1968-) <ハラ, ケイスケ>
件 名 BSH:測度論
BSH:確率論
BSH:ルベーグ積分
分 類 NDC8:415.3
NDC9:415.3
書誌ID 1001649568
ISBN 9784061565715
NCID BB24484897
巻冊次 ISBN:9784061565715 ; PRICE:2800円+税
登録日 2018.01.22
更新日 2018.01.22

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています