このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:3回

  • 貸出数:0回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
倭人伝と考古学
ワジンデン ト コウコガク

責任表示 森浩一著 ; 森浩一著作集編集委員会編
シリーズ 森浩一著作集 ; 第4巻
データ種別 図書
出版者 東京 : 新泉社
出版年 2016.8
本文言語 日本語
大きさ 339p : 挿図, 地図 ; 20cm
目次 古墳と墳墓の用語について : 卑弥呼の冢の解釈の前提として
吉野ケ里から邪馬台国が見える
「魏志倭人伝」と考古学
倭人磚と会稽
曹氏墓出土の倭人字磚と二、三の問題 : 李燦氏の業績を中心に
古代における日本と江南
発掘文字資料の年代の下限
銅鏡銘文と『万葉集』の表記
日本文化における文字と記号
磐井の墓か墓墳か
いま考古学から<記紀>を見る
風土記と考古学
崇神・垂仁から推古に下った狭山池
古典の地名と遺跡名
考古学からみた仏教受容 : 仏獣鏡出土古墳と伽藍の造営
『万葉集』と考古学
大野寺の土塔と人名瓦について
続きを見る

所蔵情報


比文 基層構造 共通 032112016026432 210.025/Mo 45 2016

書誌詳細

内容注記 古墳と墳墓の用語について : 卑弥呼の冢の解釈の前提として
吉野ケ里から邪馬台国が見える
「魏志倭人伝」と考古学
倭人磚と会稽
曹氏墓出土の倭人字磚と二、三の問題 : 李燦氏の業績を中心に
古代における日本と江南
発掘文字資料の年代の下限
銅鏡銘文と『万葉集』の表記
日本文化における文字と記号
磐井の墓か墓墳か
いま考古学から<記紀>を見る
風土記と考古学
崇神・垂仁から推古に下った狭山池
古典の地名と遺跡名
考古学からみた仏教受容 : 仏獣鏡出土古墳と伽藍の造営
『万葉集』と考古学
大野寺の土塔と人名瓦について
一般注記 参考文献・引用文献あり
著者標目 森, 浩一(1928-2013) <モリ, コウイチ>
森浩一著作集編集委員会 <モリ コウイチ チョサクシュウ ヘンシュウ イインカイ>
件 名 NDLSH:考古学 -- 日本  全ての件名で検索
BSH:遺跡・遺物 -- 日本  全ての件名で検索
BSH:魏志倭人伝
分 類 NDC9:210.025
書誌ID 1001618331
ISBN 9784787715241
NCID BB21774915
巻冊次 ISBN:9784787715241 ; PRICE:2800円+税
登録日 2017.01.06
更新日 2017.01.06

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています