このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:17回

  • 貸出数:0回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
語りが拓く地平 : ライフストーリーの新展開
カタリ ガ ヒラク チヘイ : ライフ ストーリー ノ シンテンカイ

責任表示 山田富秋, 好井裕明編
データ種別 図書
出版者 東京 : せりか書房
出版年 2013.10
本文言語 日本語
大きさ 266p : 挿図 ; 21cm
概要 ライフストーリー研究は、今日の質的研究の花形として注目を集めている。しかし実際にフィールドに出かけ、インタビューを行い、トランスクリプトを作り、対象者の語った「あのとき・あそこ」で起こった物語世界を理解しようとする時、難問に突き当たる。語られた物語は「いま・ここ」のインタビューという相互行為の分析から、すべて理解できるものなのだろうか。もしそうだとしたら、聞き手として、語り手の物語世界に立ち会う時...共感を伴った追体験をどのように説明したら良いのだろう。一言でいえばそれは、ライフストーリーに対する構築主義的なアプローチとリアリズムとの対立である。本書に収められた論文はどれも、この問題と正面から向き合い、抽象的に解決するのではなく、それぞれのフィールドとの粘り強い対話を通して、問題の深化を図ろうとする。続きを見る
目次 第1部 ライフストーリー論の理論的深化(『口述の生活史』はいかにして成立したか
『ポーランド農民』における手紙と自伝の利用—再評価の試み
語りとリアリティ研究の可能性—社会学と民俗学の接点から
フォークロア研究とライフストーリー
歴史は逆なでに書かれる—オーラル・ヒストリーからの科学論
インタビューにおける理解の達成
『福翁自伝』におけるオーラリティと多声性)
第2部 ライフストーリー・インタビューの現場(現代世界の解釈ツールとしての桜井式ライフストーリー法—滋賀県・湖西、湖東の調査から
ジェンダー・セクシュアリティとオーラル・ヒストリー
「被差別の文化・反差別の生きざま」からライフストーリーへ
「声」を聞く旅—「現場主義」に徹する)
続きを見る

所蔵情報


文 社会(研究室) 021112013014427 社会/9/152 2013

書誌詳細

一般注記 参考文献等: 各論文末
著者標目 山田, 富秋(1955-) <ヤマダ, トミアキ>
好井, 裕明(1956-) <ヨシイ, ヒロアキ>
件 名 NDLSH:社会学 -- 方法論  全ての件名で検索
NDLSH:インタビュー
NDLSH:伝記
分 類 NDLC:EC1
NDC9:361.16
書誌ID 1001525890
ISBN 9784796703277
NCID BB14038807
巻冊次 ISBN:9784796703277 ; PRICE:2500円+税
NBN JP22316603
登録日 2014.02.06
更新日 2014.02.06

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています