このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:79回

  • 貸出数:23回
    (1年以内の貸出数:4回)

<図書>
なぜエピソード記述なのか : 「接面」の心理学のために
ナゼ エピソード キジュツ ナノカ : 「セツメン」ノ シンリガク ノ タメ ニ

責任表示 鯨岡峻著
データ種別 図書
出版者 東京 : 東京大学出版会
出版年 2013.7
本文言語 日本語
大きさ v, 259p ; 22cm
概要 その人と私のあいだで生じていること、の心理学へ。実践と研究の重なりを厳しく思考する著者が、養育、保育、教育、看護、介護、障碍者支援などの領域の実践者・研究者におくる、新しい心理学の構想。
目次 序章 なぜエピソード記述なのか:「接面」の心理学のために(養育や保育や教育の現状を変革しなければという思い
看護、介護、医療、社会福祉の現場を覆う行動中心主義、行動変容主義 ほか)
第1章 私の歩んできた道のりと私の目指す心理学(私のこれまで歩んできた道のり
私がフィールドの中に入り込む中で考えてきたこと ほか)
第2章 意識体験からメタ意味へ:五つのエピソード記述を読み解く(意識体験とは
ある意識体験からそのメタ意味を認識するまで ほか)
第3章 私の考える認識の枠組みと行動科学の認識の枠組みとの相違(観察者の代替可能性を巡って
明証的(エヴィデント)であること ほか)
第4章 私の目指す心理学のかたち:既発表の私のエピソードと、実践者の書いたエピソードから(9ヵ月乳児とその母親の遊びのエピソードから
障碍者通所施設の指導員の書いたエピソード記述から ほか)

所蔵情報


中央図 4A 010112013020453 140.7/Ku 25 2013

書誌詳細

別書名 その他のタイトル:Case description for psychology of in-between
異なりアクセスタイトル:なぜエピソード記述なのか : 接面の心理学のために
異なりアクセスタイトル:なぜエピソード記述なのか : 「接面」の心理学のために
一般注記 欧文タイトルは標題紙裏による
著者標目 鯨岡, 峻(1943-) <クジラオカ, タカシ>
件 名 BSH:心理学 -- 研究法  全ての件名で検索
BSH:質的研究
NDLSH:心理学 -- 方法論  全ての件名で検索
NDLSH:質的心理学
分 類 NDC9:140.7
書誌ID 1001525402
ISBN 9784130111393
NCID BB13060582
巻冊次 ISBN:9784130111393 ; PRICE:3800円 (税別)
登録日 2014.01.31
更新日 2014.01.31

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています