このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:9回

  • 貸出数:4回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
黒髪と美女の日本史
クロカミ ト ビジョ ノ ニホンシ

責任表示 平松隆円著
データ種別 図書
出版者 東京 : 水曜社
出版年 2012.12
本文言語 日本語
大きさ 155p : 挿図, 肖像 ; 21cm
概要 なぜ、長くまっすぐに伸ばした髪が平安美人の証だったのか。“うなじ”を愛でる日本固有の意識を生み出した髪型とは。現代の盛り髪と江戸時代の日本髪の共通点とは。日本文化としての黒髪と美女の関係が、いま紐解かれる。
目次 「盛り髪」の流行
昔は、人生の節目に髪を削いだ
長い黒髪は美人の条件
髪の長さは身分に関わる
武家社会で認められた結髪
結髪が美の対象へ
女髪結の登場と髷の多様化
より美しく、華やかに
結髪が害となる
削ぐことの自由
盛り髪も髷も、心は同じ
続きを見る

所蔵情報


芸工3階 050112013011821 383.5/H65 2012

書誌詳細

著者標目 平松, 隆円(1980-) <ヒラマツ, リュウエン>
件 名 NDLSH:髪形 -- 歴史  全ての件名で検索
NDLSH:結髪 -- 歴史  全ての件名で検索
分 類 NDC8:383.5
NDC9:383.5
NDLC:GD68
書誌ID 1001524299
ISBN 9784880653020
NCID BB10911140
巻冊次 ISBN:9784880653020 ; PRICE:2200円+税
登録日 2014.01.20
更新日 2014.01.20

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています