このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:10回

  • 貸出数:8回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
イギリス憲政論
イギリス ケンセイロン

責任表示 バジョット [著] ; 小松春雄訳
シリーズ 中公クラシックス ; W67
データ種別 図書
出版者 東京 : 中央公論新社
出版年 2011.11
本文言語 日本語
大きさ 17, 435p ; 18cm
概要 自由主義の護持者が英国民に捧げた第二の『君主論』の意味。
目次 内閣
君主
貴族院
衆議院
内閣の更迭
いわゆる「牽制と均衡」
議院内閣制の必要条件、ならびにそのイギリス的特殊形態
憲政の歴史とその成果〔結び〕

所蔵情報


中央図 4A 010112013017522 312.33/B 14 2011

書誌詳細

一般注記 中公バックス「世界の名著」72『バジョット, ラスキ, マッキーヴァー』(1980年) のバジョット著『イギリス憲政論』をもとに編集したもの
年譜: p429-435
著者標目 Bagehot, Walter, 1826-1877
小松, 春雄(1913-1988) <コマツ, ハルオ>
件 名 BSH:イギリス -- 政治・行政  全ての件名で検索
NDLSH:議会政治 -- イギリス  全ての件名で検索
分 類 NDC8:312.33
NDC9:312.33
書誌ID 1001523467
ISBN 9784121601285
NCID BB07341780
巻冊次 ISBN:9784121601285 ; PRICE:2000円+税
登録日 2014.01.08
更新日 2014.01.08

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています