このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:19回

  • 貸出数:13回
    (1年以内の貸出数:1回)

<図書>
キラル化学 : その起源から最新のキラル材料研究まで
キラル カガク : ソノ キゲン カラ サイシン ノ キラル ザイリョウ ケンキュウ マデ

責任表示 日本化学会編
シリーズ CSJ Current Review ; 13
データ種別 図書
出版者 京都 : 化学同人
出版年 2013.10
本文言語 日本語
大きさ v, 205p, 図版 [4] p : 挿図 ; 26cm
目次 1 基礎概念と研究現場(キラル研究の第一人者に聞く 岡本佳男教授
キラル化合物 光学活性化合物の入手法と活用
生体とキラリティ 医薬学におけるキラリティとキラル化合物 ほか)
2 研究最前線(X線とNMRによる絶対配置の決定
赤外円二色性スペクトルによる絶対配置の決定
有機結晶に潜む超分子キラリティ—3軸非対称2回らせん束集合 ほか)
3 役に立つ情報・データ(この分野を発展させた束新論文40
覚えておきたい関連最重要用語
知っておくと便利!関連情報)

所蔵情報


医学図 1F 開架 040112015000994 QD 453/Ki 51/2013 2013

筑紫図 060112013004816 431.1/N 71 2013

書誌詳細

別書名 標題紙タイトル:Chiral chemistry
一般注記 文献あり
索引: p201-205
著者標目 日本化学会 <ニホン カガクカイ>
件 名 BSH:不斉合成
NDLSH:旋光性
分 類 NDC9:431.1
NDC9:434
書誌ID 1001520660
ISBN 9784759813739
NCID BB13786114
巻冊次 ISBN:9784759813739 ; PRICE:3800円+税
NBN JP22408386
登録日 2013.11.21
更新日 2015.09.28

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています