このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:18回

  • 貸出数:9回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
にわかには信じられない遺伝子の不思議な物語
ニワカ ニワ シンジラレナイ イデンシ ノ フシギナ モノガタリ

責任表示 サム・キーン著 ; 大田直子訳
データ種別 図書
出版者 東京 : 朝日新聞出版
出版年 2013.10
本文言語 日本語
大きさ 413p ; 20cm
概要 人間の活動はすべて、私たちのDNAのなかに検証できる痕跡を残す。そのDNAが記録する物語が音楽のことであれ、スポーツのことであれ、無節操な病原菌のことであれ、それらの話がトータルで、地球上の人類誕生にまつわる遠大で入り組んだ物語になっている。そして私たちが自然の最高の誇りであると同時に、自然の最も不合理な産物でもあるのはなぜか、その理由を教えてくれる。愛も、才能も、闘いも—DNAに刻まれた人類の歴...をひも解く全米ベストセラー・ノンフィクション!続きを見る
目次 第1部 決め手はA・C・G・T—遺伝子スコアの読み方(遺伝子、奇形、DNA—生物はどうやって形質を子どもに伝えるのか?
瀕死のダーウィン—なぜ遺伝学者は自然淘汰説を抹殺しようとしたのか?
DNAは壊れるもの—自然はどうやってDNAを読み、どうして読みちがえるのか?
DNAの楽譜—DNAはどんな種類の情報を蓄えるのか?)
第2部 動物としての過去—這うもの、跳ね回るもの、殺すもの(DNAの釈明—なぜ生命はこれほどゆっくり進化し、そしていきなり複雑になったのか?
生存者と肝臓—最も古く最も重要なDNAは何か?
マキャベリ主義の微生物—ヒトDNAのどれだけが本当にヒト特有なのか?
愛と先祖返り—どの遺伝子が哺乳動物を哺乳動物たらしめるのか?
ヒューマンジーなどの惜しい失敗—人間はいつ、どうして、サルから分かれたのか?)
第3部 遺伝子と天才—人間が人間らしくなったわけ(緋文字のA・C・G・T—なぜヒトは絶滅しかけたのか?
サイズが問題—どうして人間はこれほどにグロテスクに大きい脳を獲得したのか?
遺伝子の芸術—芸術的才能はDNAのどれくらい深いところにあるのか?)
第4部 DNAのお告げ—過去、現在、未来の遺伝学(過去は序章、のこともある—遺伝子は歴史的英雄について何を教えてくれるのか(そして教えられないのか)?
三〇億の小さいかけら—なぜ、ヒトはほかの種よりたくさん遺伝子を持っていないのか?
得やすいものは失いやすい?—どうして一卵性双生児はまったく同じではないのか?
私たちが知っている(そして知らない)生命—それで、一体何が起こるのか?)
続きを見る

所蔵情報


理系図2F 開架 031112014007694 467.2/Ke 11 2013

医学図 1F 開架 040112013003008 QH 431/Ke 11/2013 2013

書誌詳細

別書名 原タイトル:The violinist's thumb : and other lost tales of love, war, and genius, as written by our genetic code
一般注記 原著 (Little, Brown and Company, c2012) の翻訳
著者標目 Kean, Sam
大田, 直子 <オオタ, ナオコ>
件 名 BSH:遺伝子
BSH:デオキシリボ核酸
NDLSH:人類遺伝学
NDLSH:遺伝子
NDLSH:DNA
分 類 NDC8:467.2
NDC9:467.2
NDC9:467
書誌ID 1001520431
ISBN 9784023312388
NCID BB1370063X
巻冊次 ISBN:9784023312388 ; PRICE:2400円+税
登録日 2013.11.19
更新日 2014.11.25

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています