このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:13回

  • 貸出数:10回
    (1年以内の貸出数:4回)

<図書>
黒田官兵衛・長政の野望 : もう一つの関ケ原
クロダ カンベエ ナガマサ ノ ヤボウ : モウ ヒトツ ノ セキガハラ

責任表示 渡邊大門著
シリーズ 角川選書 ; 531
データ種別 図書
出版者 東京 : 角川学芸出版
出版者 東京 : KADOKAWA (発売)
出版年 2013.8
本文言語 日本語
大きさ 218p ; 19cm
概要 関ヶ原合戦前夜。武将たちは戦いの直前まで、どの軍に与するかを苦悩していた。黒田官兵衛の息子・長政は、いち早く東軍への参加を表明。毛利輝元・吉川広家・小早川秀秋を味方に引き入れるために奔走する。一方、父・官兵衛は、この戦いが百日続けば九州から攻め上り、天下を狙っていた。長政渾身の調略とはどのようなものだったのか?そして官兵衛の戦術とは?稀代の「軍師伝説」を検証し、黒田父子の暗闘の真実に迫る。
目次 第1章 秀吉没後の政局—黒田氏台頭の契機(黒田氏研究の問題点
黒田氏の出自 ほか)
第2章 九州の情勢変化—黒田氏と大友吉統(九州における島津氏と大友氏
大友吉統の家督相続 ほか)
第3章 関ヶ原合戦—長政の活躍と苦悩(景勝の不穏な動き
長政、家康の養女を娶る ほか)
第4章 九州における関ヶ原—官兵衛、最後の賭け(各地で起こった「関ヶ原」
九州における東西両軍の諸勢力 ほか)

所蔵情報


中央図 4A 032112013025638 210.48/W 46 2013

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:黒田官兵衛長政の野望 : もう一つの関ケ原
一般注記 主要参考文献: p215-217
著者標目 渡邊, 大門(1967-) <ワタナベ, ダイモン>
件 名 BSH:黒田, 孝高
BSH:黒田, 長政
BSH:関ケ原の戦(1600)
分 類 NDC8:210.48
NDC9:210.48
書誌ID 1001519589
ISBN 9784047035317
NCID BB13311037
巻冊次 ISBN:9784047035317 ; PRICE:1600円+税
登録日 2013.11.08
更新日 2013.11.08

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています