このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:56回

  • 貸出数:40回
    (1年以内の貸出数:16回)

<図書>
結晶塑性論 : 多彩な塑性現象を転位論で読み解く
ケッショウ ソセイロン : タサイナ ソセイ ゲンショウ オ テンイロン デ ヨミ トク

責任表示 竹内伸著
データ種別 図書
出版者 東京 : 内田老鶴圃
出版年 2013.6
本文言語 日本語
大きさ x, 284p ; 21cm
目次 結晶と力学的性質
塑性変形の原子過程
転位という概念の誕生
転位の弾性論
結晶の降伏
単結晶と多結晶のすべり
パイエルス応力とパイエルス機構
転位間相互作用と加工硬化
析出・分散硬化
固溶体硬化
高温転位クリープ
特殊塑性現象
続きを見る

所蔵情報


理系図1F 開架 031112013005724 459.93/Ta 67 2013

理系図1F 開架 031112013005736 459.93/Ta 67 2013

筑紫図 060112013003027 459.93/Ta 67 2013

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:結晶塑性論
一般注記 文献: 各章末
著者標目 竹内, 伸 <タケウチ, シン>
件 名 NDLSH:転位(結晶学)
BSH:塑性
分 類 NDC9:459.93
書誌ID 1001518739
ISBN 9784753650903
NCID BB12698747
巻冊次 ISBN:9784753650903 ; PRICE:4800円+税
登録日 2013.10.30
更新日 2013.12.17

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています