このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:20回

  • 貸出数:8回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
東日本大震災と社会学 : 大災害を生み出した社会
ヒガシニホン ダイシンサイ ト シャカイガク : ダイサイガイ オ ウミダシタ シャカイ

責任表示 田中重好, 舩橋晴俊, 正村俊之編著
データ種別 図書
出版者 京都 : ミネルヴァ書房
出版年 2013.3
本文言語 日本語
大きさ xi, 348p : 挿図 ; 22cm
概要 東日本大震災から復興への取り組みに対して社学会が果たしうることは何か。本書は、これからの長い復興に向けた議論の土台を築くことを目的とする。
目次 大震災が突きつけた問い / 田中重好, 正村俊之, 舩橋晴俊 [著]
広域システム災害と主体性への問い : 中心-周辺関係をふまえて / 山下祐介 [著]
地域コミュニティの虚と実 : 避難行動および避難所からみえてきたもの / 吉原直樹 [著]
東日本大震災における市民の力と復興 : 阪神・淡路大震災/新潟県中越地震後との比較 / 関嘉寛 [著]
千年災禍の所有とコントロール : 原発と津波をめぐる漁山村の論理から / 金菱清 [著]
福島原発震災の制度的・政策的欠陥 : 多重防護の破綻という視点 / 舩橋晴俊 [著]
何が「デモのある社会」をつくるのか : ポスト3.11のアクティヴィズムとメディア / 平林祐子 [著]
フクシマは世界を救えるか : 脱原子力社会に向かう世界史的転換へ / 長谷川公一 [著]
リスク社会論の視点からみた東日本大震災 : 日本社会の3つの位相 / 正村俊之 [著]
不透明な未来への不確実な対応の持続と増幅 : 「東日本大震災」後の福島の事例 / 加藤眞義 [著]
「想定外」の社会学 / 田中重好 [著]
続きを見る

所蔵情報


中央図 自動書庫 025112017502648 369.31/Ta 84 2013

理系図1F 開架 032112013018836 369.31/Ta 84 2013

書誌詳細

別書名 その他のタイトル:The Great Eastern Japan Earthquake and Japanese sociology : how a country brought disaster upon itself
内容注記 大震災が突きつけた問い / 田中重好, 正村俊之, 舩橋晴俊 [著]
広域システム災害と主体性への問い : 中心-周辺関係をふまえて / 山下祐介 [著]
地域コミュニティの虚と実 : 避難行動および避難所からみえてきたもの / 吉原直樹 [著]
東日本大震災における市民の力と復興 : 阪神・淡路大震災/新潟県中越地震後との比較 / 関嘉寛 [著]
千年災禍の所有とコントロール : 原発と津波をめぐる漁山村の論理から / 金菱清 [著]
福島原発震災の制度的・政策的欠陥 : 多重防護の破綻という視点 / 舩橋晴俊 [著]
何が「デモのある社会」をつくるのか : ポスト3.11のアクティヴィズムとメディア / 平林祐子 [著]
フクシマは世界を救えるか : 脱原子力社会に向かう世界史的転換へ / 長谷川公一 [著]
リスク社会論の視点からみた東日本大震災 : 日本社会の3つの位相 / 正村俊之 [著]
不透明な未来への不確実な対応の持続と増幅 : 「東日本大震災」後の福島の事例 / 加藤眞義 [著]
「想定外」の社会学 / 田中重好 [著]
一般注記 文献: 各章末
その他の執筆者: 山下祐介, 吉原直樹, 関嘉寛, 金菱清, 平林祐子, 長谷川公一, 加藤眞義
その他のタイトルはブックジャケットによる
著者標目 田中, 重好 <タナカ, シゲヨシ>
舩橋, 晴俊(1948-) <フナバシ, ハルトシ>
正村, 俊之(1953-) <マサムラ, トシユキ>
件 名 NDLSH:東日本大震災(2011)
NDLSH:福島第一原発事故(2011)
BSH:社会学
分 類 NDC9:369.31
書誌ID 1001518384
ISBN 9784623065066
NCID BB11849916
巻冊次 ISBN:9784623065066 ; PRICE:6000円+税
登録日 2013.10.28
更新日 2013.10.28

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています