このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:37回

  • 貸出数:15回
    (1年以内の貸出数:3回)

<図書>
文化遺産としての中世 : 近代フランスの知・制度・感性に見る過去の保存
ブンカ イサン トシテノ チュウセイ : キンダイ フランス ノ チ・セイド・カンセイ ニ ミル カコ ノ ホゾン

責任表示 泉美知子著
データ種別 図書
出版者 東京 : 三元社
出版年 2013.8
本文言語 日本語
大きさ 417, 120p : 挿図 ; 22cm
概要 国家として、国民として、どのような遺産を継承するのか。大革命後の破壊を契機にその問いに直面したフランス。文化財保護制度の確立に奔走する人々、中世芸術蔑視と闘いながら学問的位置づけを果たした美術史家、遺産が同時代人の内面といかにむすびついているかを示した文学者—彼らの活動を追い、「文化遺産」という思想生成の道程を検証する。
目次 第1部 国民芸術の創出—美術館と美術史言説(比較彫刻美術館—ヴィオレ=ル=デュック
ルーヴル美術館とルーヴル美術学校—ルイ・クラジョ)
第2部 一九世紀の美術行政—美術史学と文化財保護の制度化(美術史学の成立と教育改革
文化財保護制度
ソルボンヌ大学の中世美術史学—エミール・マール)
第3部 文化遺産の生とは何か—世紀転換期における作家たちの保存論(宗教的コンテクストの再発見
保存の美学
記憶の場としての教会堂)

所蔵情報


中央図 4A 010112014014057 709.35/I 99 2013

芸工2階 050112013013650 709.35/I99 2013

ライブラリーサイエンス研究室 010112013400082 709.35/I 99 2013

書誌詳細

別書名 標題紙タイトル:L'invention du patrimoine médiéval en France : l'histoire de l'art, l'institution et le sentiment
異なりアクセスタイトル:文化遺産としての中世 : 近代フランスの知制度感性に見る過去の保存
異なりアクセスタイトル:文化遺産としての中世 : フランス第三共和政期の知・制度・感性に見る過去の保存
一般注記 博士学位論文「文化遺産としての中世 : フランス第三共和政期の知・制度・感性に見る過去の保存」(東京大学, 2010年) を加筆修正したもの
文献リスト: 巻末p86-109
著者標目 泉, 美知子 <イズミ, ミチコ>
件 名 BSH:文化財保護 -- 歴史  全ての件名で検索
BSH:文化財 -- フランス  全ての件名で検索
NDLSH:美術 -- フランス -- 歴史 -- 中世  全ての件名で検索
分 類 NDC8:709.35
NDC9:709.35
書誌ID 1001516882
ISBN 9784883033485
NCID BB13466882
巻冊次 ISBN:9784883033485 ; PRICE:5000円 (税別)
登録日 2013.10.08
更新日 2014.02.10

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています